「届かなかったラヴレター2018」応募受付中!

報道関係者各位
2017年12月26日
株式会社キャリア・マム

■□■-------------------------■□■

キャリア・マム プレスリリース2017年 Vol.36

今年もやります!

「届かなかったラヴレター 2018」 応募受付中!

https://corp.c-mam.co.jp/topics/

■□■-------------------------■□■

女性のキャリア支援で数多くの実績を有する株式会社キャリア・マ
ム(東京都多摩市、代表取締役 堤 香苗、以下、当社)は、毎年公募
しています「届かなかったラヴレター」の作品募集を開始しました。

☆ 応募規定

・未発表作品に限る
・字数400字以内
・1行でも、手紙でも、エッセイでも、大切な人への愛しい想いが、
詰まっているものであれば表現形式は自由
・郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、メールアドレス、
匿名希望の有無、ペンネーム(SNS投稿の方は除く)
・応募者には、書籍化の際に、連絡する可能性あり

☆ 応募フォーム・郵送・FAXで応募される方

・字数 400字以内
・郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、メールアドレス、
匿名希望の有無、ペンネームを記載し、以下宛にご送付ください。

応募フォーム
http://www.c-mam.co.jp/life/loveletter/info/

郵送宛先
〒206-0033 東京都多摩市落合1-46-1ココリア多摩センター5階
株式会社キャリア・マム
「届かなかったラヴレター応募受付」係

FAX宛先
042-389-0230

☆ SNS投稿で応募される方

ハッシュタグ 「#todolove2018」および「#キャリアマム」をつけて投稿

・Facebook:字数 400字以内
・Twitter:字数 140字以内
・Instagram:字数 400字以内、写真のみの投稿は無効。
(審査対象はラヴレターのみ。写真は審査に含まれません)

☆応募資格  資格不問
☆賞     最優秀賞1編 3万円、審査員各賞予定
☆募集締切  2018年3月14日(水)(当日消印有効)
☆発表    2018年5月下旬予定
キャリア・マムホームページ、
届かなかったラヴレター公式Facebookページ上にて
※入賞者には通知
(SNS投稿の方で入賞の方にはキャリア・マム事務局より
ダイレクトメッセージを送らせていただきます。
☆諸権利  応募作品の著作権は主催者に帰属し、作品の返却はありません
☆主催   株式会社キャリア・マム

☆審 査 員
◇ 脚本家 今井雅子氏
コピーライターを経て脚本家に。映画『パコダテ人』『子ぎつねヘレン』
『ぼくとママの黄色い自転車』ほか。
テレビ作品に朝ドラ「てっぱん」「ビターシュガー」「そこをなんとか」
(以上NHK)ほか。

◇ 歌手 クミコ氏
2010年、「INORI~祈り~」で第61回NHK「紅白歌合戦」
初出場を果たす。2014年、NHKドラマ「花子とアン」
「マッサン」で劇中に流れたスコットランド民謡
「The Water Is Wide」の日本語版「広い河の岸辺
~The Water Is Wide~」をリリースし、ロングヒット中。

◇ NPO法人M-STEP理事長・作家 新川てるえ氏

10代でアイドルグループのメンバーとして芸能界にデビュー。
その後、2度の結婚、離婚経験を生かし97年12月にweb上で
シングルマザーのための情報サイト「母子家庭共和国」を主宰。
シングルマザーコメンテーター・家族問題カウンセラーとして
雑誌、テレビなどに多数出演。

◇ 写真家 三井昌志氏
アジアの辺境を旅しながら、「笑顔」と「働く人」をテーマに
写真を撮り続けている写真家。旅した国は38ヶ国。著作に
「写真を撮るって、誰かに小さく恋することだと思う。」
「アジアの瞳」「スマイルプラネット」などがある。

◇ 株式会社キャリア・マム 代表取締役 堤 香苗
自らの出産・育児体験を通じて得た経験をもとに、仕事と家庭を
どちらも大切にしたい女性たちに、自宅または自宅周辺における
テレワークやワークシェアという形態でキャリアをいかす新しい
働き方を提案する「株式会社キャリア・マム」を設立。2児の母。

【「届かなかったラヴレター」とは?】

2002年より公募を開始、応募総数は延べ2万通を超える。
「あの人に言えなかった一言」を400字以内の短文にまとめた作品を
一般公募。感動的な文章が多数寄せられたことで文芸社より書籍化。
シリーズ累計35万部発行のロングセラーとなっています。
2009年には映画「引き出しのなかのラヴレター」(主演・常盤貴子)、
ほか舞台、ミュージカルとしても上映され、写真集やCD等にも展開。
企画当初は、日常生活で忙しい主婦に、自分の心のうちをさらけ出す
機会を与えることで、ストレスの発散につなげてほしいという想いから
始まりました。現在では主婦に限らず老若男女からの応募が多数。
2017年受賞者発表ページ:http://www.c-mam.co.jp/life/loveletter/award/

●本プレスリリースに関するお問い合わせ先●
https://m.c-mam.net/m-mam/p/index.php?part=p_application&no=38

■本件に関する取材・お問い合わせは、 「お問い合わせフォーム」より受け付けております。