主婦研ニュース


12月11日は「胃腸の日」!年末年始に胃腸を労りながらお酒を楽しむ方法をお伝えします♪

こんにちは、主婦研ライターの丸田です。
みなさんは、12月11日が「胃腸の日」だとご存知でしょうか?
整水器を製造販売している株式会社日本トリム(本社:大阪市、代表取締役社長:田原周夫、以下「日本トリム」)は「胃腸の日」を記念し、2023年12月6日(水)から12月26日(火)の期間、整水器をお得に購入できる「胃腸をいたわって調子の良い冬に!今年最後のキャンペーン」を実施します。さらに、お酒を飲む機会が増える年末年始に向けて、胃腸を労わりながらお酒を楽しむ方法についてお伝えします。是非チェックしてみてください!

※このキャンペーンは終了しました※

■胃腸の日について

12月11日は「胃腸の日」です。1年間を振り返り胃腸への労わりの気持ちを持ってもらいたいと「いに(12)いい(11)」(胃にいい)と読む語呂合わせから、日本大衆薬工業協会(現:日本OTC医薬品協会)が2002年(平成14年)に制定しました。

■新型コロナウイルス感染症が5類に移行して初の年末年始

新型コロナウイルス感染症が5類に移行して初めての年末年始を迎えます。忘年会やクリスマス、お正月など年末年始はお酒を飲む機会が多くあり、これまでコロナ禍で控えていたという人も今年は飲み会の機会が増えるのではないでしょうか。コロナ禍の数年間に比べると、胃腸にとっては負担となる年末年始を迎えることになりそうです。
そこで、お酒との上手な付き合い方について解説します。

二日酔いの症状と原因
お酒を飲み過ぎたときに体調不良を起こしたことがある方も多いと思います。これらは飲酒中に起こることもあれば、翌日”二日酔い”として現れることもあります。二日酔いの症状としては「吐き気、嘔吐」「頭痛」「体のほてり」「だるさ」「筋肉痛」「のどの渇き」「下痢」などです。二日酔いは、そのメカニズムがはっきりと解明されているわけではありません。一般的には、次のような原因があるのではないかと考えられています。

・血中アセトアルデヒド値の上昇
アセトアルデヒドの分解が遅い人は少量のお酒でも酔いやすく、また二日酔いが起こりやすいと言われています。また、アセトアルデヒドそのものではなく、その後遺症によって二日酔いが生じている可能性はあります。 2

・脱水症状
飲酒中は、アルコールによって尿量を調整する抗利尿ホルモンの分泌が抑制されることにより、尿量が増加します。お酒として水分を多く摂っているようでも、実は飲んだ以上の水分を排出してしまっていることも多いです。このようにして体が脱水状態に陥ることにより、頭痛やのどの渇き、めまいなどの様々な二日酔いの症状が現れるとも言われています。抗利尿ホルモンは、二日酔いの状態では分泌が増加し、尿量を減少させます。抗利尿ホルモンの分泌量がどのくらい変化したかということが、二日酔いの重症度に関係するとも言われています。

・低血糖症
アルコールを摂取すると、肝臓は優先的にアルコールを分解しようとすることにより、その他の働きが抑制されます。特に、糖を合成し、貯蔵したり、必要に応じて供給したりといった働きがストップしてしまいます。そのため体が低血糖に陥りやすく、だるさや筋肉痛などが起こりやすくなると言われています。

・炎症反応の亢進(こうしん)
二日酔いで頭がズキズキ痛むという人も多いように、アルコールには炎症を亢進する作用があると言われています。アルコール自体が炎症を起こすというよりも、アルコールが炎症反応に関わっている物質を血管周辺に増加させることにより炎症が進むと考えられます。

・胃腸障害
アルコールは胃粘膜に直接刺激を与えると同時に、胃酸の分泌を促して胃酸過多による胃炎を起こしやすくします。そのため、吐き気や下痢、食欲不振などといった胃腸の症状が起こりやすくなると言われています。

・離脱障害
二日酔いは、一種の離脱症状だと考える人もいます。薬物と比べれば低いものの、アルコールにも依存性があり、それが体から抜けていく際に吐き気や震え、発汗などといった自律神経症状が現れるということです。
このほか、アルコールに含まれる不純物なども二日酔いの原因として挙げられています。二日酔いは、単一の原因によって起こるわけではなく、さまざまな要因が複雑に重なり合って起こると言われています。

二日酔いの予防
011217_2.gif二日酔いを予防するためにはどうしたらよいのでしょうか。そのポイントをいくつかご紹介します。

・ゆっくり適量を飲む
飲むペースが早いと肝臓でのアルコールの分解が追い付かなくなるので、ゆっくり飲むことが大切です。いろいろな種類のお酒を飲む「ちゃんぽん」は、飲んだ量がわからず、飲みすぎにつながりやすいため、二日酔いの原因になると言われています。お酒の種類を変えるときには同時にペースも変えるよう心がけましょう。

・食事を取る
空腹時の飲酒はアルコールの吸収を早めることになり、悪酔いや二日酔いにつながります。お酒を飲む前には、軽いものでもよいので何か口にしておくことが大切です。また、お酒と共に食事やおつまみを取ることによって、低血糖に陥るのを防いだり、飲み過ぎを予防したりという効果も期待されます。 3

・二日酔い予防の薬・サプリ
最近では、お酒を飲む前に飲んでおくと二日酔いを予防できるというドリンクやサプリメント、医薬品なども増えてきています。その働きは主に肝臓でのアルコールの分解を助けるなどといったものです。中には一定の効果を持つものもありますが、二日酔いを完全に予防できるというものではありません。「薬を飲んでいるから大丈夫」といって普段以上に飲みすぎてしまえば、逆にひどい二日酔いになってしまうこともあります。

・水と一緒に飲む
二日酔いには脱水症状が大きく関係しており、飲酒する際に水分補給をきちんと行うことが、二日酔い予防につながります。水分補給は、お酒を飲む前・最中・後のそれぞれに行うと良いといわれています。

■お酒を飲むときにおすすめの「電解水素水」

お酒を飲むときにおすすめなのが「電解水素水」です。電解水素水とは、整水器から水道水を浄水・電気分解して生成されるアルカリ性で水素を含んだ水のことです。整水器には胃腸症状の改善効果が認められており、チェイサーや水割りなどにピッタリです。また、電解水素水は水道水から残留塩素や不純物を除去した水のため、お酒本来の風味を十分にお楽しみいただくこともできます。

<参考文献>
トリム・ミズラボ「二日酔いの予防と解消 3つの基礎知識と、水分補給のススメ」
https://www.nihon-trim.co.jp/media/2382/
トリム・ミズラボ「電解水素水でお酒を楽しもう!お酒を飲むときの電解水素水の使い方」
https://www.nihon-trim.co.jp/media/13652/

「胃腸をいたわって調子の良い冬に!今年最後のキャンペーン」について

011217_3.gif「胃腸の日」を記念して、2023年12月6日(水)から2023年12月26日(火)の期間、「胃腸をいたわって調子の良い冬に!今年最後のキャンペーン」を実施します。
本キャンペーンでは、資料請求いただいた方を対象に、電解水素水整水器を特別価格でご購入いただけます。WEB限定の整水器「トリムイオンCURE」は、最大37%オフの99,000円(税込)からご購入いただけます。「トリムイオンRefine」、「トリムイオンGRACE」についても特別価格でご購入いただけます。期間中に購入いただくと年内のお届けが可能です。
内容 :期間中に資料請求いただいた方に、
電解水素水整水器を特別価格で販売
期間 :2023年12月6日(水)〜12月26日(火)
対象商品:トリムイオンCURE、トリムイオンRefine、トリムイオンGRACE
方法 :下記より資料請求ください。担当者より特別価格での購入方法をご連絡いたします。
<資料請求先>
URL:資料請求┃日本トリム公式ショッピングサイト「トリムショッピング」 (nihon-trim.co.jp)
https://shop.nihon-trim.co.jp/request/
電話番号:0120-328-1064

いかがでしょうか。
私もコロナ禍以降久々に忘年会に出席予定なので、水分補給を意識しながらお酒を楽しみたいと思います。
美味しいお水で胃腸をいたわって、冬を元気に過ごしたいですね!

■日本トリムの電解水素水整水器は「胃腸症状を改善」が認められた家庭用管理医療機器です
日本トリムの電解水素水整水器は、医薬品医療機器等法(旧薬事法)において胃腸症状の改善に効果が認められている管理医療機器です。その使用目的・効果は、「胃腸症状改善のための飲用アルカリ性電解水の生成」です。電解水素水(アルカリイオン水)を飲用することで、胃もたれや胃の不快感を和らげ、また胃腸の働きを助け、お通じを良好にします。
■日本トリムとは
株式会社日本トリムは、医療機器である電解水素水整水器製造販売を主軸とした事業を展開しています。当社は世界に先駆けて水が持つ機能に着目し、25年以上にわたる産官学共同研究により健康をサポートする水®、電解水素水の機能、有用性を追求しています。現在では、電解水素水の活用は飲用にとどまらず、血液透析における次世代新規治療法や農作物の栽培など様々な分野へと応用し展開しています。また、グループ会社では国内最大手の民間さい帯血バンク(ステムセル研究所、東証グロース市場:7096)事業を展開するなど、日本トリムグループはグローバルなメディカルカンパニーを目指しています。

■会社名/株式会社日本トリム(東証プライム市場:6788)
□設立年月日:1982年(昭和57年)6月12日
□代表取締役社長:田原 周夫(たはら のりお)
□資本金:992,597,306円
□従業員数:650名(関連会社等を含む)
□企業ホームページ:https://www.nihon-trim.co.jp/
<本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ・ご質問>
株式会社日本トリム広報窓口平井TEL:080-4127-9737
E-mail:pr@nihon-trim.co.jp